高齢者の筋トレ事情

2019年12月25日 水曜日

こんにちは。
パーソナルトレーニング担当の安藤です。


当施設は同じ敷地内にデイサービスがあるため、日頃から多くの高齢者の方と接する機会があります。


高齢になるにつれてリスクが上がってくるのが転倒やそれによる寝たきりです。

 

それらを防止するためにも筋力トレーニングが非常に効果的になってきます。


特に下半身の筋力は年齢を重ねるたびに落ちていきます。


下半身の筋力が落ちて自分の体重を支えきれなくなると、先ほども言ったように転倒のリスクが非常に高くなってしまいます。

 

「もう歳だから筋肉を鍛えるのは難しい・・・」


そう思う方もいると思いますが大丈夫です。


筋肉は幾つになっても鍛えることができます!


実際に世界には90歳を超えてもトレーニングを続けている方もいます。


また、トレーニングをすることで筋肉がつくだけでなく、老化の防止や精神的なリフレッシュ、病気の予防など、体にとっていいことが盛りだくさんです。

 

豊川市の高齢者の方々が幾つになってもたくましい体を維持するために、ご興味のある方は是非一度ご連絡ください!!

 

 

慢性痛には運動を

2019年12月19日 木曜日

こんにちは。
パーソナルトレーニング担当の安藤です。


今年も残りわずかになってきましたね。

 

今回は以前にも少し触れたことがある腰痛や肩こりなどのいわゆる慢性痛との上手な付き合い方についてお話ししていきます。

 

現在日本で膝や腰などに慢性的な痛みを持つ方は、膝が約820万人、腰が約1020万人いると言われています。


日本の人口が大体1億人いると考えると、5人に1人は膝や腰に痛みを抱えているという計算になります。


ここ豊川市にも腰痛やひざ痛の方は多く、付属の接骨院、整体には毎日多くの患者様が来院されます。

 

体に痛みがあれば運動はやめて体を動かさずに安静にしたほうがいいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、慢性的な痛みでは安静にすることは必ずしもいいことではありません。

 

痛みが出た部位をあまり動かさないようになると、その部分の動きは悪くなり、機能も低下していきます。


動きが悪くなればその部分の柔軟性は悪くなり、血流も悪くなります。

 


そういった悪循環が進んでいくと痛みの取れにくい体になってしまい、痛みが取れない体になっていっていってしまいます。

 

それを防ぐためには適度な運動が必要です。


骨折や捻挫のようなケガの場合は症状が治まるまで安静が必要になりますが、そうでない場合は積極的に体を動かすことが重要になってきます。


運動の強度は症状に合わせてになりますが、ストレッチやウォーキング、筋トレなどで適度な刺激を当てることで痛みのある部分の機能を上げることができ、痛みが取れやすい体になり、さらには筋肉がつくことによって再発予防にもなります。

 

実際に通われている方の中でも、「トレーニングを始めてから腰痛が気にならなくなってきた」「肩こりが治ってきた」という方は多いです。

 

どこにいっても治らない腰痛などの痛みをお持ちの方、もしかしたら鍵は運動にあるかもしれませんので一度体験してみてはいかがですか?

 

 

子ども達の成長

2019年12月17日 火曜日

こんにちは。
パーソナルトレーニング担当の安藤です。

 

現在、当施設で行なっているプレイルームに参加している方から
「跳び箱が飛べるようになった」
「マラソン大会の順位が上がった」
「運動が楽しくなってきた」
など嬉しい報告を多数いただいております。

 

プレイルームは4〜9歳ぐらいまでの子供たちを対象にしたサービスで、壁に設置してあるボルダリングを登ったり、バランスボールの上でバランスをとったりなど、ある程度自由に運動をしながら遊んでいくものになります。

 

近年は公園の減少などによってなかなか外で遊ぶ機会が減り、子供達の運動能力は全体的に下がっている傾向にあると言われています。

 

子供の時にしっかりと運動習慣をつけることは、運動能力を上げるだけでなく、将来的にケガをしにくい体を作ることにつながります。

 

豊川の中でもボルダリングが設置されているジムはなかなか少ないと思います。


子供の運動習慣についてお悩みの方やご興味のある方は是非一度ご連絡ください。

 

 

精神力も鍛える

2019年12月12日 木曜日

こんにちは。
パーソナルトレーニング担当の安藤です。


今年も残り一ヶ月ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

先日パーソナルトレーニングを受講している方から
「運動はできるようになってきたけれどなかなか体重が減らない」
と言われました。

 

トレーニング自体は家でも問題なくやれているようなので普段の食事を聞いたところ、毎日の飲酒、酒のつまみの揚げ物などがやめられないとのことでした。

 

これはいけませんね。

 

体重を減らすためには運動はもちろん大事ですがそれ以上に食事に気を使うことも重要になってきます。

 

お酒や脂っこいものは全く食べてはダメとは言いませんが、付き合い方を考えなければなりません。

 

お酒や脂っこいものの他にも、スイーツ・ジュース・お菓子・ジャンクフード類など、世の中には甘い誘惑であふれています。

 

それらの誘惑に負けず、自分自身を律する精神力もダイエットには必要になってきます。

 

年末から新年にかけては特に誘惑が多くなってきます。

 

それらに負けない強い精神力も鍛えていけるといいですね。

 

 




Copyright(C) ローフィットネスジム四ツ谷. All Rights Reserved.