ストレッチの重要性

2019年11月29日 金曜日

こんにちは。
パーソナルトレーニング担当の安藤です。

 

肌寒い季節が続きますね。


気温が下がると筋肉は固まってきてしまいます。


筋肉が固まれば怪我をしやすくなるだけでなく、疲労がぬけにくくなったり、代謝が悪くなったりと、身体にとってはマイナスなことが多く出ます。

 

そんな時に重要になってくるのがストレッチです。


そこで今回はストレッチのやり方などについてざっくりと触れていきたいと思います。

 

まずストレッチの強さについてですが、これは強く伸ばせばいいというものではありません。


筋肉が伸びれば伸びる分だけいいと思う方もおられるかもしれませんが、強く伸ばしすぎてしまうと筋肉は切れてしまわないように逆に縮もうという作用が出てしまいます。


ですのでストレッチをする際には、筋肉が少し伸びてきたなというところで止めるのが一番良い力加減になります。

 

次にストレッチの時間です。


これに関しては早すぎても長すぎてもよくありません。


筋肉がしっかりストレッチされるのは、だいたい20〜30秒程度と言われていますので一つの筋肉につき20〜30秒呼吸を止めずに行うようにしましょう。

 

最後はストレッチを行うタイミングです。


朝起きてすぐにストレッチをして逆に体を痛めてしまったという話をよく聞きますが、朝起きてすぐなどはまだ筋肉が温まっていないためストレッチの効果が薄く、無理に引きのばしてしまうと怪我の原因になってしまいます。


ベストなタイミングとしては、入浴後や運動後の筋肉が温まっている時に行えると効果の高いストレッチを行うことができます。

 

如何だってでしょうか?


普段運動をしている方でも、そうでない方でも、ストレッチをすることによる恩恵はとても大きいです。


なかなか取れない体の痛みや疲れにお悩みのお方は是非お試しください。

 

 

腰痛でお悩みの方へ

2019年11月20日 水曜日

こんにちは。

パーソナルトレーナーの安藤です。


最近は気温が下がり、本格的に冬の訪れを感じますね。

 

さて、そんな冬のこの時期に怖いのが風邪やインフルエンザなどの体調的なものだけでなく腰の痛みです。

 

気温が下がり、体が冷えることにより慢性的な腰が痛みが再発したり、急に体を動かしてぎっくり腰になってしまったりと、この時期は様々な腰痛が発生しやすくなります。

 

一般的に腰痛になった場合は、安静やストレッチが効果的と言われており、接骨院や整体などで治療を受けることも痛みの改善には良いとされています。

 

しかし、腰痛は治りづらいもので、なかなか完全回復には至りません。


多くの方が大なり小なりの慢性的な腰の痛みを抱えて生きています。

 

では、一度腰痛になってしまったら一生抱えて生きていかなけれなならないのでしょうか?

 

僕はそうは思いません。


では腰痛を改善させるためには何が必要なのでしょうか?


安静やストレッチも確かに効果的なのですが、僕はそこにプラスして「筋トレ」が効果的と考えます。

 

体幹部の筋肉が弱まると、体の支持力が落ちるため腰への負担は高まります。


またお尻の筋肉や大腿の後ろ側の筋肉が弱くなり、硬くなることも腰痛の原因となります。


そのため以上の筋肉を動かしながらトレーニングをすることは、腰痛の改善に必要な筋肉の動きを上げることができるため、結果的に腰痛を治すことにつながるのです。

 

適切な動きで筋肉に対して適切な刺激を加えることによって、腰に対しては良い効果を与えることができるのです。

 

しかし、全てがこれに当てはまるわけではなく、ヘルニアの初期や腰椎分離症など、症状によってはこれが適応しない場合もありますが、慢性的なものの場合でしたら筋トレは非常に有用です。

 

なかなか消えない腰痛でお悩みの方がおられましたら、是非一度ご相談くださいね!

 

 

豊川で運動を始めたい方へ

2019年11月19日 火曜日

こんにちは。
パーソナルトレーニング担当の安藤です。


当ジムでは様々な強度の運動の指導を行なっております。


気軽にできるものから、かなりハードなもの、完全に自重で行うものから、チューブやバランスボールを使うものまで様々なトレーニングを指導させていただいております。

 

そんな中で最適なトレーニングとはなんなのか?


最適な負荷量とはどれくらいなのでしょうか?

 

これに対しての答えですが、目的によって様々になります。

 

例えば、筋肥大をメインにトレーニングしたい方では、8〜10回こなせる程度の負荷をかけてトレーニングをするのがベストで、筋持久力をつけたい場合にはそこまで重い重量を使わずに高回数やるのが良いとされています。


しばらくうごしていない関節を動かす程度ならもっと軽い負荷でも大丈夫です。

 

トレーニング頻度に関しては、毎日やりすぎると体を休めることができなくなってしまうのでかえって逆効果になってしまいます。


なので初心者の方でしたら週に2回程度が良いかなと思います。

 

以上のように、必ずしも毎日限界まで追い込む必要はないです。


しかし、体を変えるためにはそれなりのきつさは必要です。


「筋肉を今よりつける」 「体脂肪を減らす」という目的があるならば、軽い強度で時間をかけてやるよりもある程度の負荷をしっかりと筋肉に乗せて行うほうが効率的です。

 

食事に関しても日常で摂取するカロリーが多過ぎれば、ある程度の制限は必要になってきます。

 

「体を変える」 と言うのは簡単ですが実際にやってみるとそれなりに難しいのです。

 

トレーニングの強度も、無理をしてあげすぎてしまえばフォームのミスが生まれやすくなり、ケガのリスクがあがってしまいます。

 

なので初めて運動をする方は、最初のうちはトレーナーの方に適切なプログラムを立ててもらうのが一番ベストなのかなと思います。

 

当ジムでは比較的低負荷のトレーニングが多く、初心者の方でも始めやすいメニューが中心となっております。


また医療従事者が監修していると言うこともあって、ケガ明けのリハビリ、肩こり、腰痛予防のトレーニング、エクササイズなども指導可能です。

 

「運動を始めたいけど何から始めていいかわからない」
「ケガが怖くてなかなか運動を始められない」


と言うお悩みをお持ちの方は是非一度ご相談してください。


トレーナー一同お待ちしております。

 

 

感動

2019年11月16日 土曜日

こんにちは。
パーソナルトレーニング担当の安藤です。


最近利用者様からありがたいお言葉をいただくことが多くなってきました。

 

ヨガ教室に通われている方からは 「体の柔軟性が目に見えて変わってきた」 「肩こりが治ってきた」 などのお言葉、

 

集団レッスンに参加されている方からも 「体力がついてきて毎日の生活が楽になってきた」 というお言葉を頂いており、

 

パーソナルトレーニングを受講されている方からも 「腰痛が治ってきた」 「足が速くなった」 「前より遠くまで歩ける」などありがたいお言葉をたくさん頂いております。

 

非常に感激です。

 

これに慢心せず、これからも日々精進ですね。

 

そして、季節は冬に入り、年末が近づく中、止まらなくなってきている食欲に日々恐怖している方も多いでしょう。


そんな方達に向けた企画をやれたらいいなと考えておりますので、決まったらこちらのブログの方でご連絡させていただきますね。

 




Copyright(C) ローフィットネスジム四ツ谷. All Rights Reserved.