慢性痛には運動を


こんにちは。
パーソナルトレーニング担当の安藤です。


今年も残りわずかになってきましたね。

 

今回は以前にも少し触れたことがある腰痛や肩こりなどのいわゆる慢性痛との上手な付き合い方についてお話ししていきます。

 

現在日本で膝や腰などに慢性的な痛みを持つ方は、膝が約820万人、腰が約1020万人いると言われています。


日本の人口が大体1億人いると考えると、5人に1人は膝や腰に痛みを抱えているという計算になります。


ここ豊川市にも腰痛やひざ痛の方は多く、付属の接骨院、整体には毎日多くの患者様が来院されます。

 

体に痛みがあれば運動はやめて体を動かさずに安静にしたほうがいいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、慢性的な痛みでは安静にすることは必ずしもいいことではありません。

 

痛みが出た部位をあまり動かさないようになると、その部分の動きは悪くなり、機能も低下していきます。


動きが悪くなればその部分の柔軟性は悪くなり、血流も悪くなります。

 


そういった悪循環が進んでいくと痛みの取れにくい体になってしまい、痛みが取れない体になっていっていってしまいます。

 

それを防ぐためには適度な運動が必要です。


骨折や捻挫のようなケガの場合は症状が治まるまで安静が必要になりますが、そうでない場合は積極的に体を動かすことが重要になってきます。


運動の強度は症状に合わせてになりますが、ストレッチやウォーキング、筋トレなどで適度な刺激を当てることで痛みのある部分の機能を上げることができ、痛みが取れやすい体になり、さらには筋肉がつくことによって再発予防にもなります。

 

実際に通われている方の中でも、「トレーニングを始めてから腰痛が気にならなくなってきた」「肩こりが治ってきた」という方は多いです。

 

どこにいっても治らない腰痛などの痛みをお持ちの方、もしかしたら鍵は運動にあるかもしれませんので一度体験してみてはいかがですか?

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA





Copyright(C) ローフィットネスジム四ツ谷. All Rights Reserved.