ストレッチの重要性


こんにちは。
パーソナルトレーニング担当の安藤です。

 

肌寒い季節が続きますね。


気温が下がると筋肉は固まってきてしまいます。


筋肉が固まれば怪我をしやすくなるだけでなく、疲労がぬけにくくなったり、代謝が悪くなったりと、身体にとってはマイナスなことが多く出ます。

 

そんな時に重要になってくるのがストレッチです。


そこで今回はストレッチのやり方などについてざっくりと触れていきたいと思います。

 

まずストレッチの強さについてですが、これは強く伸ばせばいいというものではありません。


筋肉が伸びれば伸びる分だけいいと思う方もおられるかもしれませんが、強く伸ばしすぎてしまうと筋肉は切れてしまわないように逆に縮もうという作用が出てしまいます。


ですのでストレッチをする際には、筋肉が少し伸びてきたなというところで止めるのが一番良い力加減になります。

 

次にストレッチの時間です。


これに関しては早すぎても長すぎてもよくありません。


筋肉がしっかりストレッチされるのは、だいたい20〜30秒程度と言われていますので一つの筋肉につき20〜30秒呼吸を止めずに行うようにしましょう。

 

最後はストレッチを行うタイミングです。


朝起きてすぐにストレッチをして逆に体を痛めてしまったという話をよく聞きますが、朝起きてすぐなどはまだ筋肉が温まっていないためストレッチの効果が薄く、無理に引きのばしてしまうと怪我の原因になってしまいます。


ベストなタイミングとしては、入浴後や運動後の筋肉が温まっている時に行えると効果の高いストレッチを行うことができます。

 

如何だってでしょうか?


普段運動をしている方でも、そうでない方でも、ストレッチをすることによる恩恵はとても大きいです。


なかなか取れない体の痛みや疲れにお悩みのお方は是非お試しください。

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA





Copyright(C) ローフィットネスジム四ツ谷. All Rights Reserved.