筋トレダイエットは逆に体重が増える!?


こんにちは。
パーソナルトレーニング担当の安藤です。


今まで発信してきた情報とは真逆の題名で始まりました今回のブログ
「おいおい安藤よ、今まで発信してきた情報は何だったんだい?」
と突っ込みたい気持ちもあるかと思いますが、とりあえず一旦気持ちを落ち着けて話を聞いていただけると幸いです。

 

痩せようと思ってジムに通い筋トレに励み、1ヶ月ほど頑張って続けてみて、いざ体重計に乗ってみたら1〜2kg増えている・・・


そんな経験ございませんか?


やり方が悪いのかとさらに無理なトレーニングで自分を追い込み、最終的には腰や膝を怪我してしまう。


そんなケースで接骨院や整体に来られる方も意外と多いです。

 

このケースから筋トレは逆に体重をを増やしてしまうのではないか?


ということが言えるのですが、実際はそうではありません。

 

筋トレをして筋肉にうまく刺激を加えられた時には当然筋肉量が増えます。


そこで適切な栄養補給や睡眠が取れていれば体脂肪に対しては逆に減少する働きがでます。


筋肉は脂肪よりも重いため、筋力量の増加が進むと一時的に体重は増えるわけです。


また筋肉が刺激されたことによる炎症反応で筋肉内に水分がたまるため、微量ではありますがその分の増加も考えられます。

 

さらに体脂肪もすぐに消えてなくなるわけではありません。


脂肪が減ったとしても水分がその場に滞るので、体重は変わっていなかったとしても体脂肪率は下がっているということが起きます。


滞っている水分もその場に残り続けるわけではなくいずれ吸収・排泄されるため心配は必要ありません。

 

以上のことから、筋トレによる初期の体重増加は必然とも言えます。


続けていけば体脂肪を落とし綺麗な見た目を作ることは可能になります。


しかし日頃の食事や睡眠などの質が低いとどうしても効果は薄くなってきてしまいます。

 

良いダイエットをするためにはまず生活習慣を見直すところから始めて、そこから適切な運動に入っていくのが最もベストな進め方なのかもしれませんね。

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA





Copyright(C) ローフィットネスジム四ツ谷. All Rights Reserved.