帳消しダイエット?


こんにちは。
パーソナルトレーニング担当の安藤です。

 

先日SNSに面白い記事が上がっていました。

 

その内容は
「焼肉を食べた後にコーヒーを飲むと食べた分が帳消しになる」
「ラーメンを食べた後はバナナを食べると食べた分が帳消しになる」
「チョコレートを食べた後にアーモンドを食べると食べた分が帳消しになる」
といった夢のような内容でした。

 

これは本当なのでしょうか?

 

以前の僕のブログを読んでくださっている方はもうわかっているかも知れませんが、こんなものは存在しません。

 

誰が発信をしたのかはわかりませんが相当に謎な理論です。

 

基本的に何かを食べた後に追加で何かを食べることをした場合に起こるのは、その追加で食べた分のカロリーが上乗せされるだけです。

 

多少消化や吸収の面で何らかの効果が働くのかも知れませんが、微々たるもので食べたものが帳消しになるといったことはまずないでしょう。

 

食べる前に飲むことで摂取した糖質や脂質をなかったことにできると謳っているサプリメントも、同様に効果のないものがほとんです。

 

以前のブログでもご紹介しましたがダイエットに対して効果のあると言われているサプリメントは現状、世界中で確認されていないはずです。

 

食べた物のカロリーを消費する方法は運動をする他ありません。

 

焼肉やラーメンといった高カロリーなものを食べたい場合には食前か食後にしっかり運動をしてください。

 

もしくは1日の中で摂取カロリーをうまく調整してください。

 

ダイエットにおいては、遠回りこそが最大の近道です。

 

漫画ジョジョの奇妙な冒険第7部の主人公のセリフに
「一番の近道は遠回りだった、遠回りこそが最短の道だった」

 

というセリフがあるように、地道にコツコツ繰り返してきたことが成功への最も確実な道になりますので、何事も目先の結果にとらわれずにコツコツ続けていけるといいですね。

 

ちなみに僕は学生時代ほぼ毎日アーモンドとチョコレートを食べ続けて、1ヶ月で5キロ太った苦い経験があるので、やはりこの帳消しの理論はおかしいと思います。

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA





Copyright(C) ローフィットネスジム四ツ谷. All Rights Reserved.